今からでも遅くない!公認会計士試験合格を目指す人の為の情報サイト!

コチラのサイトは今からでも公認会計士の試験に挑もうという猛者に耳寄りなアドバイスを送っていことを目的に運営をしていきたいと思います。

© 今からでも遅くない!公認会計士試験合格を目指す人の為の情報サイト! All rights reserved.

20173/21

公認会計士になるには・・・受験資格と登録までの流れ

公認会計士になるには、公認会計士試験に受かった後2年間の実務経験を積み、修了考査を受けなくてはなりません。

誰でも受験できる

学歴や年齢は関係ないので、誰でも受験できます。しかし医師や弁護士に並ぶ難関ですので、専門学校や大学で基礎を身につけて、キチンと対策したほうがよいでしょう。

公認会計士試験に合格する

公認会計士になるには、マークシート方式の短答式試験と、記述式の論文式試験の2つを通過する必要があります。会計学、監査論、企業法、租税法の4科目を必ず受験し、経済学、経営学、統計学、民法の中から1科目選択して受験します。

短答式試験の合格者のみが論文式試験を受けられます。早い人でも1~2年間かかりますので、まとまった期間勉強漬けの日々を送る覚悟がいります。

実務経験を2年以上つむ

合格後は監査法人に就職し、補助業務を行います。実際に仕事をしながら公認会計士としての実践経験を養います。合格者のほとんどが監査法人に就職するのは、実務経験を積み修了考査を受ける資格を得るためです。

修了考査に合格する

実務経験を2年間積んだ後は、日本公認会計士協会が実施する修了考査を通過しなければなりません。合格後は晴れて公認会計士として登録できるようになります。

合格率は約70%なので全員が受かるわけではありません。十分対策しておきましょう。

<誰にでも公認会計士になるチャンスがある>

受験に必要な資格がないので、学歴・年齢に縛られず誰でも試験を受けられます。ただし難易度がとても高いので、大学や予備校に行くなど十分な対策が必要です。

試験通過後は監査法人で2年の実務経験を積み修了考査を受け、これに受かってやっと公認会計士として登録されるようになります。

  • 公認会計士になるには・・・受験資格と登録までの流れ はコメントを受け付けていません。
  • なる為に

関連記事

コメントは利用できません。

20173/31

抜群の安定性と将来性で一生使える国家資格!憧れの公認会計士になるためには

医者、弁護士と並び、最難関の国家資格のひとつである公認会計士。憧れの職業ですよね。三大国家資格と言われるだけあって、資格試験突破の道のりは決…

20173/14

国の機関で公認会計士としての業務を行うキャリアについて考える

公認会計士の働き方として最近注目されているのが、「行政機関での仕事」です。ここでは、国での公認会計士としての業務をお伝えできればと思います。…

ページ上部へ戻る